オオサカン・ライブ・コレクションvol.13 クレセント・ムーン
6028d8b2243860377f390017 6028d8b2243860377f390017

オオサカン・ライブ・コレクションvol.13 クレセント・ムーン

¥2,500 税込

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

ヤン・ヴァンデルロースト×オオサカンによる自作自演集第二弾! 吹奏楽とオルガンの融合による荘厳なサウンドが響き渡る!! 【リスナーのみなさんへ】  2012年9月23日、素敵ないずみホール(大阪)の舞台に立った時、私は演奏会のスタートが本当に楽しみでした!実際、自作のいくつかを非常に優れた「フィルハーモニック・ウインズ 大阪(オオサカン)」(若く、積極的で非常に卓越したプロフェッショナルの演奏家で構成されています!)を指揮出来たこの演奏会は、私にとって純粋に楽しいものとなりました。さらに、3日間のリハーサルで築き上げたオオサカンとの信頼をもとに、我々は舞台上で一体となって「音楽を奏でる」ことができ、演奏会はとても素晴らしいものになりました。  今回取り上げた作品は難曲ばかりだったにも関わらず、オオサカンの演奏は破綻することなく、集中力が途切れることもありませんでした。それどころか、彼らはプログラムの最後の曲まで音楽の緊張感を絶やすことがありませんでした(余談ですが、この日最後に演奏した「いにしえの時から」が最も大変な曲なのです)。また、アンコールの両曲も素晴らしい演奏となりました。この「ライブレコーディング」をお聴き頂くと、オオサカンの申し分無いテクニックやあたたかく豊かなサウンド、音楽的なアプローチやパッション、自然に「語りかける」ような音楽を堪能して頂けることでしょう。  私はオオサカンとの二回目の共演(第一回目の共演は2011年の9月で、「モンタニャールの詩」というCDになっています)を心から楽しみ、早くも三回目の共演が待ち遠しいです。このCDではオオサカンの芳醇で色彩豊かなサウンドに加えて、いずみホールの荘厳なパイプオルガンがフィーチャーされ、演奏全体に奥行きが加えられています。オルガニストも若く非常に才能ある音楽家だったので、我々の演奏にたちまち「溶け込んで」くれました。彼女が演奏会全体に更なる味わいや輝きを加えてくれたと思います。  演奏会ではいずみホールが響き渡り、舞台からバルコニーの後ろの席まで美しい音に満たされました。この録音を聴いた皆さんが、演奏会のお客様と同じだけ楽しんでいただけることを願っております。 -ヤン・ヴァンデルロースト